キャッシュレス 家計管理

【キャッシュレス】支払は現金派?キャッシュレス派?

2020年1月13日

こんにちは!akaです。

私は2019.10~ポイ活を始めたと同時に、家計アカウントのInstagram(@4aka_n)を始めました。

以前から家計管理をしている方のInstagramは拝見してました☺

そこで度々どっち派?と話題になっているのは、支払方法について。

現金派?キャッシュレス派?

みなさんどちらでしょうか?

もちろん、大きな買い物はカードで。スーパーのお買い物は現金で。と場所や金額によって使い分けている方も多くいらっしゃると思います。

ズバリ私は断然キャッシュレス派です。

現金・キャッシュレスにはそれぞれのメリット、デメリットがありますよね。

 

この記事では、私がキャッシュレス派の理由・それぞれのメリットデメリットに関して、私が思うことを書いていきます。

私がキャッシュレス派になるまで

私はキャッシュレス派!という人は、キャッシュレス派に切り替わったきっかけがあると思います。

現金で支払うことが面倒・・

極力持ち物を減らしたい・・

こんな思いからキャッシュレス派になった人もいるのではないでしょうか?

 

私は現金を持つにあたり、小銭の出し入れが面倒くさい・・とは思ったことがありません。

私が自分のお金で買い物をするようになった当時、主流は現金でした。

そもそもキャッシュレス決済が浸透したのも、ここ数年の出来事のように感じます。

今まで現金で支払うことが普通だと思って生きてきたので、それを面倒だとは思いませんでした。

まあ支払が携帯で済むなら多少楽かな~という感じです。

 

持ち物を減らしたい・・これもそれほど考えたことはありません。

まだまだ支払は現金のみのお店は沢山あります。

そして私は心配性なので、現金は1000円以上持ち歩いていたい気持ちがあります。

正確に言うと常に12000円の現金を持ち歩いています。(笑)(心配性すぎます)

 

手間を省きたい、少ない持ち物で暮らしたい・・

スマートな暮らしには必要なことかもしれませんが、このあたりは私にとって、それほどメリットではありませんでした。

キャッシュレス派の理由

ではなぜ私がキャッシュレス派になったのか?

とにかくお得にポイントを貯めたい!

これに限ります◎

ポイントの魅力を感じ始めたのは7年前からでした。

父が楽天を利用していたこともあり、社会人になってからは自分の楽天IDを持ち、楽天ユーザーとなりました。

楽天ユーザーになったものの、ネットショッピングの利用はそれほどなく、当時から”5と0のつく日はポイント5倍”などのキャンペーンがあったかは分かりません。

というよりか、意識したことがありませんでした。

それでもポイントが貯まっていることだけは知ってました。

気づけばダイヤモンド会員になり、さらにお得にポイントが貯まるように。

楽天ポイントは常に10000ポイントある状態でした◎

時々買い物で数千ポイント消費するも、またすぐに10000ポイントまで貯まる、というように、常に10000ポイント程キープ。

ポイントが貯まっていくことをアプリで確認するのが楽しくなり、

ポイントでの支払い=現金払いゼロ=実質無料

・・めっちゃお得じゃん!

という感覚に気づいてからは、ポイントが大好きになりました(笑)

メモ

今では「ポイントも現金と同じ」と考えるようになり、「ポイントだからいいや」と無駄遣いすることがなくなりました。

最近はクレジットカード・電子マネー・〇〇pay、消費者還元事業からの還元キャンペーン・・

様々なキャッシュレス決済方法で溢れていますが、「いかにお得にポイントを貯められるか!」とキャンペーンに合わせて考えているのが、楽しいのです(笑)

私なりのお得を楽しむ1つの方法が、キャッシュレス決済です!

現金のメリット・デメリット

現金もキャッシュレスも、それぞれの良いところあると思います!

ここからは私が考えるそれぞれのメリット・デメリットです。

現金メリット①

管理しやすい

家計簿をつけている方も多いと思いますが、使った分は手元から現金が少なくなるので、日々の支出を管理しやすいですよね。

今月はあといくら残っているのか?いくら自由に使えるのか?

現金を数えればすぐに分かります。

現金メリット②

どこでも使える

「現金が使えません」のお店は今のところ私は見たことがありません。

(私が知らないだけで、キャッシュレスのみのお店もあるのでしょうか?)

何で支払おう?と考えることなく、支払いができます。

慣れるまではよっぽど現金のほうがスムーズ、と感じる場合もあるかもしれません。

現金デメリット①

還元率ゼロ

2019.10~の消費増税に伴い、今では様々なキャンペーンが実施されています。

最大20%還元のキャンペーンも見かけますよね!

キャンペーンをうまく使いこなせば、還元ポイントをゲットしてお得にお買い物できます。

少しの手間で誰でも受けられるはずの還元が、現金の場合はゼロ。

現金デメリット②

会計に手間がかかる

小銭を数えて出し入れすることに時間がかかる場合があります。

特に荷物が多いときはお財布を出してしまうことも大変ですよね。

現金デメリット③

衛生面

コロナウイルスの流行で、キャッシュレス決済を勧めるうごきがありました。

現金はどんな人が触って自分の手元にいまあるのか、分かりません。

キレイなものではないですよね。

キャッシュレスのメリット・デメリット

キャッシュレスメリット①

還元ポイントが付く

利用した分だけポイントが付きます。

カード会社により異なりますが、クレジットカードは0.5~1.2%ほどのポイントが付きます。

私が利用している楽天カードは還元1%なので、10000円の利用で100ポイント。

還元ポイントは、たかが数パーセントですが、ちりつもです。

年間で計算したら大きな額になります。

キャッシュレスメリット②

支払いがスマート

クレジットカードや電子マネーはカードが必要なため、カードケースや財布を出す必要があります。

それでも現金を数えて取り出す、お釣りを受けとる手間を考えると、スマートです。

さらにスマホ決済の場合、画面を提示するだけなので、財布を持ち歩く手間、出す手間もなくなります。

コンビニに行くだけなど、ちょっとした買い物のときには財布を持ち歩かなくなりました。

キャッシュレスデメリット①

使った感覚がない

キャッシュレス決済はピッとタッチするだけで完了するので、お金を使ったという感覚が薄くなり、無駄遣いしやすくなる傾向があります。

キャッシュレスデメリット②

スマホ充電がないと使えない

スマホだけあれば日々の買い物で困ることはほぼないです。

でも、もし充電が切れたら・・そして現金を持っていなかったら・・

なにも買えませんし、下手したら電車にも乗れなくなるかもしれません。

 

※キャッシュレス決済を使い始めてから感じるデメリットです。

使い方が分からない、なにを使えばいいかわからない・・などは今回省きました。

まとめ

今回、現金派?キャッシュレス派?について書きました!

私は断然キャッシュレス派!

現金派に戻ることはもうないと思います。

キャッシュレスのデメリットに関して、”使った感覚がなくなる”と書きましたが、家計管理を意識しているかたは、すぐに解決できると思います!

1つ1つの支払いや買い物を”本当に必要か?"の判断ができるようになれば、無駄遣いはなくなります。

少なくともこのブログを読んでくださっている方は、意識が家計管理や節約に向いているのではないでしょうか?◎

 

そして私がキャッシュレス派な理由は、あとひとつ。

時代についていこうと必死です!(笑)

この先現金が流行ることはもうないのでは・・。

今が一番若い!と言い聞かせ、できるかぎりスマホ操作や、AIの技術についていこうと必死なのです(笑)

今分からないと感じていること、5年、10年後はさらに分からないでしょう。

まだまだ現金派!の方も沢山いらっしゃると思いますが、少しずつキャッシュレスに移行してみてはいかがでしょうか?☺

少しでも参考になれば嬉しいです。

-キャッシュレス, 家計管理

Copyright© akaの生活家計簿 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.