未分類

マタニティグッズを最低限で揃えた妊婦【買ってよかったもの7選!】妊婦期間:秋〜冬

こんにちは!ゆるミニマリストのakaです☺︎

2021年の夏頃妊娠が発覚し、2022年春頃出産予定の現在妊娠8ヶ月の妊婦です。

私は結婚後に仕事を退職しており、家でできる簡単な在宅ワークをこなしております。

妊娠、出産、育児、教育とこれから沢山のお金がかかることになるでしょう。

現時点でできるだけ無駄なお金は使いたいくないと考え、マタニティグッズやベビーグッズはできるだけ最小限で抑えようとしています。

この記事では、便利なマタニティグッズ・ベビーグッズが沢山あるなかで私が実際に購入したものを紹介します。

妊婦さんになり、これから買い揃えていこうと考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

これは買ってよかったマタニティグッズ!

  • マタニティ部屋着(ズボンのみ)×1
  • マタニティパジャマ×2
  • マタニティブラトップ×2・ショーツ×4
  • マタニティレギンス×1
  • 抱き枕×1
  • 外出用マタニティウェア×2
  • マタニティベルト×1

マタニティ部屋着

  • 購入先:アカチャンホンポ
  • 購入金額:1,628円
  • 購入時期:妊娠4ヶ月頃

360°伸びるストレッチ素材でやわらかく履きごこちのよいパンツです。
ウエストの背中部分にゴムが入っているので、産前産後のお腹にほどよくフィットします。
室内のリラックスタイムだけじゃなく、ちょっとそこまでのお買い物も行けるデザインです。

引用元:アカチャンホンポオンラインストア

妊娠が分かってからまず一番に買うことになったのがマタニティ用の部屋着です。

妊娠初期はまだお腹が膨らんでいないので必要ありませんが、だんだんとお腹がふっくらしてくると、普段着ていた洋服が窮屈になります。

つわりの影響もあり、締め付けのある洋服が苦手になる方もいるかもしれません。

私がまず購入したのはこちらのマタニティ用のスウェットズボンです。

購入したタイミングは妊娠4ヶ月頃でしたので、まだまだ妊娠前の部屋着でも窮屈することはなかったと思いますが、いずれ必要になるものなのでお腹が膨らみ始めた秋頃に購入しました。

外出する際にはゆったりめのズボンやスカートを選べば窮屈なことはありませんが、家でゆっくりしているときは体も思いっきり休ませたいですよね。

購入時から妊娠8ヶ月の現在まで大活躍です!

締め付けられる感じは一切なく、着心地も抜群です◎

パジャマ変わりとしても使っているので、毎日のように洗濯していますが、毛玉になる様子は全くないです。

産後も履けるということなので、長く使えるアイテムは嬉しいですね!

妊娠発覚時点であれこれマタニティウェアを揃えるのではなく、お腹が大きくなる時期を見越して揃えることがベストだと感じます!

初めてマタニティウェアを購入して「あぁ〜妊婦なんだな〜」と実感したことを覚えています(笑)

 

マタニティ用授乳口付きパジャマ

  • 購入先:楽天市場
  • 購入金額:2,980円
  • 購入時期:妊娠5ヶ月頃

次に購入したものがマタニティパジャマです。

マタニティパジャマって意外と高額なものも多いのですが、楽天市場でできるだけ安価なモノを選びました。

授乳口がついているので、ボタンを外さなくても授乳できる仕様になっています。

ウエストのゴムで調整ができるようになっているので、産後でも使うことができるようです。

 

前あきワンピースパジャマ+レギンス

  • 購入先:無印良品
  • 購入金額:ワンピース1,990円+レギンス790円=2,480円
  • 購入時期:妊娠8ヶ月頃

 

産院によって、入院中のパジャマ貸し出しの有無が変わってきます。

私が出産予定の産院では貸し出しはありますが有料だったため、追加でもう1着パジャマを購入しました。

妊娠・授乳期間が終わっても長く着れるよう、無印良品の”二重ガーゼパジャマ”のワンピースタイプを選びました!

無印の二重ガーゼパジャマは以前から愛用していますが、春・秋・服はこのパジャマがあれば快適です☺︎(夏はさすがに半袖がいいですね)

毛玉になることもなく、へたりもせず、とても長く愛用できるのでマタニティ用のパジャマを探している方にはオススメです!

季節の変わり目はセールをやっているのでその時が狙い目!

私は3,990円のパジャマをセールのタイミングで購入できたので、1,990円でゲットすることができました。

 

【後期になったら確認】入院中のパジャマ貸し出しあるか?

入院期間は2〜3着の前あきパジャマが必要になってくるそうなので、事前に産院に確認しておくと安心です。

 

マタニティブラトップ・ショーツ

  • 購入先:西松屋
  • 購入金額:4,901円
  • 購入時期:妊娠5ヶ月頃

今まで使っていた下着もお腹の膨らみに合わせて窮屈になってくるので、マタニティ用の下着を購入しました。

先輩ママがオススメしてくれた、授乳時も使いやすい西松屋のキャミソール型のブラトップを洗い替えと合わせて2着。

お腹をすっぽり覆えるようなショーツを2着。

毎日洗濯して1日おきに着ているので、どちらもヘビロテです(笑)

ショーツはお腹まですっぽり覆えるハイライズタイプ、下腹部あたりまでのローライズタイプがありますが、妊婦期間履き続けるのであれば、個人的にはハイライズタイプがオススメです。

腹巻変わりにもなり、冬でも冷えを感じることはありませんでした。

ショーツ+キャミソール型ブラトップ+長袖インナーを常に着ていたので、腹巻がなくてもポカポカでした。

 

マタニティレギンス

  • 購入先:西松屋
  • 購入金額:878円
  • 購入時期:妊娠5ヶ月頃

真冬に妊娠期間が重なっている私は、こちらも活躍しました!

お腹まですっぽり覆えるタイプのレギンスは外出時にあると便利です。

妊婦期間中は仕事をしていなかったので、外出頻度がそれほどなく、私は1着で十分でした。

 

抱き枕

  • 購入先:楽天市場
  • 購入金額:2,990円
  • 購入時期:妊娠6ヶ月頃(活躍し始めたのは妊娠8ヶ月頃)

お腹が大きくなってくると、仰向けで寝ることが苦しく感じてきます。

妊娠についての記事などでよく見かけるのですが、左を下にして抱き枕を抱えると寝やすくなるんだとか。

私の場合妊娠6ヶ月頃のタイミングで購入しましたが、あまり良さを実感できずにしばらく使っていませんでした。

しかし妊娠8ヶ月頃、お腹もより大きくなってくると寝返りを打つことも一苦労。

寝苦しくなってきたこともあり、再び抱き枕を使ってみると、かなり心地よく感じました!

それから毎晩抱き枕を抱えて寝ています☺︎

妊婦期間は抱き枕として使い、産後は授乳クッションとして使えるモノもあるので長く使えて便利です。

まだ経験していないので分かりませんが、先輩ママ曰く「授乳クッションはあると楽!」だそうです^^

ただ、抱き枕って5000円〜8000円とかちょっとお高め・・。

私の場合は授乳クッションは姉から借りる予定があったので、2990円のお手頃な抱き枕を選びました。

使って間もないので、へたり具合等は分かりませんが今のところいい感じです。

外出用マタニティウェア2着

お腹が大きくなるにつれて、着ることができる私服も限られてきました。

ウエストゴムのパンツでも、履いているとビヨビヨに伸びきってしまい、産後に履けなくなってしまいそうだったので、私服用のマタニティウェアを2着購入しました。

  • ユニクロ・マタニティスキニーデニム(3990円)
  • ZOZOTOWN・産後も履けるプリーツパンツ(3190円)

お腹が大きくなる季節が冬だったので、トップスは妊娠前に着ていたニットで不自由なく過ごせています。

マタニティ用で購入した外出用のウェアは2着のみです。

マタニティベルト

このマタニティベルトは、マタニティウェアを買う前の妊婦さんに是非オススメしたいアイテムです!

マタニティウェアといえばウエストが伸びるタイプ、お腹をすっぽり覆えるタイプのボトムスや、ゆったりワンピースなどを思い浮かべると思いますが、とっても便利なアイテムを見つけました!

このアジャスターバンドがあれば、妊娠前に履いていたズボンがそのまま使えます!

レビューを見てみると、さすがに臨月まで使うことは難しそうですが、私の場合は妊娠8ヶ月の現在でもまだ使えます。

お腹が膨らみ始めると、今までのようにお洒落を楽しめなくなりますが、これがあるだけでコーディネートの幅が広がります☺︎

 

妊娠期間中に買ったマタニティグッズは以上です。

沢山の便利グッズが販売されていますが、購入は最低限に抑えつつ、快適なマタニティライフを送りましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

-未分類

Copyright© akaの生活家計簿 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.